【登山初心者】山登りに興味を持ったら読む記事

万年山登山道 登山初心者に向けた記事

登山・山歩き・トレッキングをはじめるために

結論はとてもシンプル。

山へ向かいましょう。

そして山に入りましょう。

とはいえ、その先がわかりにくいし一歩がでない。

登るためにまず何をするか

誰と、どの山を、いつ登るかを決めよう。それに向けて準備すればよい。

だれと登るか

誰かと登る

一人で登る(ソロ登山)

どの山を登るか

知り合いや本やネットで情報収集

・親戚や知り合いの登山者をつかまえる

・ネットで調べる
調べ方は、「〇〇県 登山 初心者」だったり「山の名前 初心者コース」等

・本を借りる、買う

はじめは標高1000m以下の山

かつ、3時間以内で下山できそうな山。頂上まで1時間ほどの山。

来た道を往復するほうが迷いにくいので推奨。

一緒に登れる人がいる場合はその人に色々尋ねよう。

登山者やウォーキング者が多い山

低い山でも全く人が踏み入れない山は危険。朝に元気な高齢者が散歩している位の山がベスト。

熊本でいうと金峰山、福岡でいうと天拝山など。

携帯電話の電波が届く山がよい

いつ登るか

今でしょ?(笑)

明るいうちに下山できて、天気は晴れの日が良い。

なので、晴れた午前中がベスト。

季節を選べるなら、夏は避けたい。夏は標高が高い山で難易度もあがるので、初めて登る低い山だと夏は暑すぎて不快だろう。虫も多い。春と秋がベター。

必要な物は何か

動きやすい服装

外の運動系行事で着る服でよい。

最近だと吸水速乾性がある服があれば快適。

頂上が寒そうな場合は羽織るものもあったらよい。

歩きやすいクツ

革靴やヒールでない、運動クツ(スニーカー可)でよい。

新しいものよりも履きなれたもので。

ザック(リュック)

両手が空くという意味で、背負うものがいい。

腰ベルトはなくてよい

短い行程だとウエストポーチでも行ける。

水や食べ物

飲み物は水がベスト。1リットルほどあれば安心。

食べ物は完全に好みで楽しもう。

携帯電話

もしもの時の連絡手段

GPS機能があるものが先々よい

写真を撮ったりSNSで送信したり、各々の山の楽しみ方がある

初めての登山に不必要なもの

雨具(レインウエア)

そもそも天気が雨の時や雨が降りそうなら登山はやめよう。天気予報を必ずチェックする。

元々持っている人は持参したがよいが、初めて登山する人は、今後もするかわからないので高い雨具はいらない。どうしてもという人は、百均のレインウエアで十分。万が一雨で濡れたら引き返そう。

登山専門店で売ってあるもの全般

登山専用は全般的に高額となる。継続して登山するかわかわない段階で専用品はいらない。ほしくなった時点で購入を検討するとよい

まず登ろうよ

登山の前準備は考えだすときりがない。結局登らず終いが一番残念なので、まず空身でも登ることをオススメする。あ、やっぱ空身はやめとこう。

この記事で通して伝えたいことは、専門的な道具や服、最初は必要ないってこと。

そう思ったら自ずと調べるから不思議

不思議な事に、登ると決めたら自分で調べるようになるよ。

わからないなりに、イメージを持って行こう。

登った後に振り返ると有意義

あれがあればよかったというのは初心者に限らず出てくるもの。その繰り返しで充実した登山に近づいていく。

ヤマップ等のGPSアプリを搭載して登ると、登った軌跡が見れるので二度楽しめるよ。

登山を始めようかな、または始めてみたばかりという人に向けた記事をこれから書いていくね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました